そろそろ見納め!?都市型廃墟モール!台北市八德路「京華城購物中心 Living Mall」を見学してきた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

突然ですがブログを始めて1年9か月経ちます。これまで何本の記事を公開していると思いますか?正解は今回で228本目になります

ブログを続けるのは難しいです。20記事くらい書いて挫折するブロガーさんって多いのではないでしょうか。

モチベーション維持も大変ですが、一番大変なのは記事のネタを探す事です。皆さん僕のブログなんて毎日食ったもの書いてるだけだろ!?と思ってませんか?

星の数ほどある台湾ブログと文章やテーマの切り口で差をつけようと実は試行錯誤しています。大変です。

2年間毎日ブログ更新しているブロガーさんとかって本当にすごいと思います。

という事で、今日はいつもと違う切り口で台北のとあるスポットを紹介します!

スポンサーリンク

2003年。僕は初めて台北を旅行しました。

僕が初めて台湾旅行した2003年。当時台湾でSARSが流行しており台湾の観光産業は壊滅的な状態でした。台北行きの航空券が激安だったので旅行したのが僕と台湾の出会いです。

当時の台北は高速鉄道は開通していない、MRTは3路線開通している程度、台湾鉄道松山駅は地上駅で、MRT市政府駅周辺はほとんど空き地でした。

スマホがないのでガイドブックを持ちながら台北の街を歩いていました。

当時(2003年)のガイドブックに、新しく台北にショッピングモールができた!台湾商業界の新時代!と大体的に掲載されていた施設が2つありました。

1つ目は微風廣場(ブリーズセンター)です。1号店は黑松沙士(ヘイソンサルパラリア)の工場跡地に建設され「黒松世界」という施設が併設されていました。
微風廣場(ブリーズセンター)は大成功をおさめ、台北駅や市政府などなど支店を出店すようになりました!そして2つ目が、今日紹介する京華城購物中心です。

同じ2001年開業、2003年頃は共に開業効果で盛況だった台北にある2つの大型モール。その後の経過は残酷なくらい極端です。

今回は失敗した方の大型モール京華城購物中心の今を見てきました!

京華城購物中心の今

僕は時々ボケーっと台湾のニュースを見ます。昨年の秋ごろだったと記憶してますが「京華城購物中心の土地が競売へ!」という記事を読みました。

7年くらい前、京華城購物中心に行ったときには既にお客さんが少なかったので閉店して当然かと思っていました。

2003年に初めて行った時は市政府からシャトルバスが出ていて、バスにお客さんが乗り切れないくらいでした。確か地下のフロアは24時間営業だったと思います。

京華城購物中心からの風景

台北市政府から近い場所にあるので、台北101が見えますね!台湾大道に面していて立地は良いように感じますが、MRT駅からは遠く、京華城購物中心周辺の集落も活気がありません。

京華城購物中心①

京華城購物中心②

京華城購物中心③

京華城購物中心の外観とフロアマップです。12階建てのビル、それと同じ高さの球体状の建物が並んで建っているという無茶苦茶凝った建築物です。

これまで色々な建物を見てきましたが、こんな造りの建築物は見た事がありません。何の意味があるのか?理解できないです。しかし壮大な建築物なのは確かです。

1階エントランス付近

1階のエントランス付近は、日本のデパートと同じで化粧品売り場だったみたいですが開店休業状態です。ワゴン品が並んでいる程度です。店員も見当たりません。

凄い造り!

表現しにくいですが、ビルの中に巨大な球体が入っています。ビルから球体の中へは橋を渡って入ります。金かかってそうですね!

球体の底と地下フロア

球体の底は広場になっており、幼児用遊具が設置されています。それを取り囲むように衣料品が大量に陳列されています。雑な印象を受けます。

遊具

多くが空きスペースなので、このような巨大な子供用遊具があります。この日は日曜日だったので、子供が遊んでいました。子供連れの方は穴場かもしれません!

地下2階のフードコート

フードコートはざっくり半分くらいのテナントが撤退している感じでした。大昔は地下にスーパーがあったはずですが跡形もありません。

閉店しているレストラン

空きスペースにはクレーンゲーム

人は少しいますが空きスペースが多いです。空きスペースにはクレーンゲームを置いてある場所もありますが、流石に全てを埋める事はできないみたいです。

遊園地?

遊園地?

中層階は遊園地みたいな施設ばかりです。キッザニア風の就業体験遊園地もあるみたいです。しかしここもお客が多いとは言えません。

テナント全滅

12階建ての建物ですが、地下2階から7階くらいまで見て回りましたが、本当に活気のない「廃墟モール」です。マニアの人ならきっと楽しいと思います。

京華城購物中心はそろそろ見納めだと思いますよ!

2018年に土地を競売にかけて閉鎖する気満々だった京華城購物中心。中国語版ウイキペディアには閉店したみたいに書いてありますw

しかし、2019年5月初旬現在は営業しています。どうやら競売価格380億TWD(1400億円弱!)が高額で競売不調に終わったらしいです。

他にも元々工場だったため、利用区分による制約があるとか云々。まあ曰く付きの土地みたいです。

現状をみる限り確実に将来閉鎖されると思います。建築物はぜいたくで変わった建物です。

一国の首都の中心部にある売場面積7万平方メートル強の巨体廃墟モールを見学できるのは台北だけかもしれませんね!

場所

住所:台北市松山區八德路四段138號

時間:11時~21時30分

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする