【台中蒸し餃子紀行③】下町にある親しみやすい老舗蒸し餃子屋。台中市篤行路「李氏蒸餃専家」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

今日はシリーズ物「台中蒸し紀行」の第3回目です。

本ブログの熱心な読者さんはご存知と思うのですが、僕は時々シリーズ物の記事を書きます。

これまでも

「正忠排骨飯の全メニュー制覇に挑戦!※弁当チェーン店」

「台南豚足店食べ比べ!」

「台南市内の陽春麺屋で麺と滷味食べ歩き!」

などなどのシリーズ記事を書いてきました。気になる方は是非とも読んでください!

僕は一度スイッチが入ると同じ料理を食べ続けるタイプでして、こういったシリーズ物の記事を時々書くことになります。

今回、何故、台中の蒸し餃子屋を食べ歩いているのか?と聞かれると、僕自身よく解らないです!

まあ、台中には蒸し餃子屋が多く、メニューに特徴があるように感じています。台北や高雄の蒸し餃子屋に行った事がありませんので、実際のところ台中特有かは解りません。

しかし紹介しているお店はそれぞれ魅力的です。今回も期待してください!

スポンサーリンク

僕の考える台中の蒸し餃子屋の特徴

詳しく調べたわけではなく、あくまで僕の直観のお話ですが、台中の蒸し餃子屋には共通した特徴があると思っています。おさらいを兼ねて以下で箇条書きにします。

①餃子類は蒸し餃子だけ。水餃子や焼き餃子や小籠包はない。

②炒飯、焼きそば、麺類などの炭水化物系主菜メニューが充実している。

③青菜炒めや宮保雞丁のような炒め料理も充実している。

④滷味がない。

台南には水餃子屋が多いのですが、台南の水餃子屋って水餃子と酸辣湯と湯麵と乾麺(汁なし麺)に滷味という構成が多く、ご飯メニューが無い店が殆どだと思います。

中華圏の人は、日本人が餃子ライスを食べると失笑するって話を聞きます。台南ではその通りで餃子屋では米は食べないわけです。

しかし台中の蒸し餃子屋は、炒飯と蒸し餃子を食べているお客さが沢山います!僕が思うに台中の蒸し餃子屋は、台北のあの有名小籠包店と似たメニュー構成な気がします。

しかし、台中の蒸し餃子屋の価格は台北の小籠包屋さんよりリーズナブル。雰囲気も庶民的なお店が多いです。

台中の市場通りにある老舗「李氏蒸餃専家」

篤行路

今日紹介するお店「李氏蒸餃専家」は台鉄台中駅から2キロほど離れています。台中駅と台中市街との中間点、台湾大道から少し脇に入った下町風情溢れるエリアにあります。

夜の写真で解り難いですが「篤行市場」という市場の通りで営業をしているそうです。よく言えば下町風情がある、悪くいえば夜は薄暗い通りです。

李氏蒸餃専家

薄暗い通りのなかで李氏蒸餃専家の周りは明るく活気があります。隣は焼き餃子チェーン店八方雲集です。餃子対決って感じですね!

蒸し餃子を包み中

店頭では、店員さんが一生懸命、餃子を巻いています。皮を一枚一枚延べ棒で伸ばしながら包んでいます。皮から自家製です!

蒸される前の蒸し餃子

看板メニューだけに、かなりの量を造るのでしょう。餃子の皮と餡が大量に準備してあります。人気店なのだと思います。

炒め物と麺の調理ブース

蒸し餃子以外のメニューは、蒸し餃子を巻いている場所の隣に調理ブースがあります。麺を茹でる係と、炒める係に別れています。

「李氏蒸餃専家」で食べた物

店内の様子

店内はほぼ満席でした。店内の様子はぐっと庶民的な感じですね!古い感じです。下町の老舗っぽい雰囲気だしてます。

メニュー

メニューは蒸し餃子を筆頭に、麺、焼きそば、炒飯がそれぞれ充実しています。店内を見回しても、餃子だけ食べてる人、炒飯だけ食べてる人、麺だけ食べている人がそれぞれいます。

餃子屋さんというより大衆食堂といった印象を受けます。それでは食べたものを紹介しますね!

①蒸餃(蒸し餃子)

蒸餃

蒸餃(蒸し餃子)60TWDです。10個入っていて60TWDですので、台北の小籠包屋では考えられない安さですね!

写真で解かるかもしれませんが皮が薄めです。台湾の餃子は皮が厚くてモチモチとした食感の事が多いですが、台中の蒸し餃子は逆に皮薄めが多い気がします。

味は美味しいです。しかし、気になる点もいくつかあります。

一つ目は蒸籠に布が敷いてあるところです。使い捨てのクッキングシートを使う店もありますので、僕は少し嫌です。

二つ目は蒸し時間が少し長いかな!?と思いました。お客さんが多い店なので、見切りで蒸しているようです。タイミングが悪いと蒸し過ぎの餃子になるかもしれませんね。

でも値段を考えたら十分満足できる美味しさだと思います。

②肉絲蛋炒飯

肉絲蛋炒飯

肉絲蛋炒飯(豚と卵の炒飯)70TWDです。台中の蒸し餃子屋には必ずある豚卵チャーハン。味付けが醤油なので色が茶色です。具は豚肉、卵、葱だけでシンプルです。

僕は醤油で味付けしてある炒飯が大好きです。香ばしい醤油の香りが食欲をそそります。このお店の炒飯は美味しいです。巧く炒めてあると思います。お米がパラパラです。

70TWDという値段も庶民的で大満足の逸品です!


個人的には2回目で紹介したお店、台中市北平路にある「李記蒸餃世家」の方が今回のお店より好きです。

【関連リンク】【台中蒸し餃子紀行②】俺的台湾ベスト3に入る食堂!台中市北平路「李記蒸餃世家」

しかし。今回のお店も手作りの美味しい蒸し餃子がリーズナブルに食べれる魅力的なお店だと思います!

場所

住所:台中市北區篤行路218號

時間:11時~14時 17時~21時

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする